同通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 対朝鮮敵視政策に狂った日本の政客らのせん越な言動を嘲笑

【平壌7月4日発朝鮮中央通信】先日、安倍は無所属国会議員の前で行った演説で「北朝鮮が非核化に向けて具体的に行動するまで、制裁を解除しない」と言った。

一方、日本外相の河野はインドネシアを訪問して「北朝鮮の完全非核化の実現に向けた協力」を請託した。

スイスのジュネーブで行われた軍縮会議で日本代表なる者は、北朝鮮に非核化の努力を強めることを強く求めると唱えた。

4日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、これは対朝鮮敵視政策に狂った者らのせん越な言動であると嘲笑(ちょうしょう)した。

同紙は、日本の政客らに政治感覚が少しでもあるなら、北東アジアと世界の戦略的構図がいかに変わり、それに従って大勢がいかに流れているのかを見極めて熟考するのが当然であると主張した。

    関連記事