朝鮮中央通信は3日、北朝鮮各紙が同日付で「日本軍国主義者の海外膨張野望を糾弾」したと伝えた。

(参考記事:北朝鮮が日本だけを非難…安倍さんは金正恩氏と会って大丈夫か

同通信によると、各紙は日本政府が7月14日のフランス革命記念日にパリで開かれる軍事パレードに自衛隊の儀仗(ぎじょう)隊員らを参加させることなどを非難する論評を掲載。朝鮮労働党機関紙の労働新聞は、「(日本は)北東アジア地域の平和と安全を脅かす危険な再侵略勢力、狂信的な軍国主義実体として急速に浮上している」と指摘した。

また内閣などの機関紙・民主朝鮮も「(日本は)これまで過去の罪悪に対する反省が毛頭なく、むしろ美化、粉飾に熱を上げている」と主張した。