人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

道党の指導員、市・郡党の課長クラス以下の下級幹部は、全員が工場や企業所に集められ、10日夜から13日早朝まで軟禁状態に置かれた。また、思想学習と「党の領導をさらなる忠誠で奉じるための決意文」の作成、「党の領導をさらなる忠誠で奉じるための決意大会」への参加も強いられた。党、行政、司法機関の職員の携帯電話は没収された。

中央党(朝鮮労働党中央委員会)の部長クラス以下の下級幹部は、各地域の協同農場に派遣され、「田植え戦闘」に参加させられた。

「中央党の部長、副部長が農民や労働者とともに働いた。高級なタバコを分けてくれるなどとても親切だった。中央党の幹部は地方の幹部よりも、農民や労働者と親密に交わった」(情報筋)

「金正恩の勝利」国民も認める

北朝鮮当局は、米朝首脳会談の開催前に各道の新聞社、軍の軍団政治部出版所に紙を供給し、会談のニュースをいち早く伝える段取りを済ませていた。会談終了後、朝鮮労働党中央軍事委員会の緊急報道を印刷させ、工場、企業所、機関などに配布させた。

    関連記事