北朝鮮国営の朝鮮中央通信は19日、「日本は深く考えてみるべきだ」と題した論評を配信。日本が北朝鮮に対する国際的圧力の維持を訴えていることを非難した。

(参考記事:北朝鮮が日本だけを非難…安倍さんは金正恩氏と会って大丈夫か

論評は、北朝鮮と米韓の間で醸成された対話の流れに言及し、「これは、対話と協商を通じて現実的な方法で問題を解決するのが大勢になっているということを示している」と指摘。

続けて「日本の行為はむしろ、自ら自分らを孤立させる結果だけをもたらした」としながら「なぜ、日本だけが地理的に近い朝鮮と『遠い国』になっているのか」などと主張した。