北朝鮮国営の朝鮮中央通信は14日、トランプ米大統領との首脳会談を終えた金正恩党委員長が13日にシンガポールから帰国したと伝えた。

同通信は、金正恩氏が「史上、類例のない世紀的な会談に対する人類の大きな関心と興奮が全世界を震撼させる中、シンガポール朝米首脳会談を成功裏に終えた」として、北朝鮮が米朝首脳会談を「成功」と評価していることを改めて示した。

金正恩氏は、中国が提供した要人専用機で午前7時に平壌国際空港に到着したという。