トランプ米大統領との首脳会談のためシンガポールを訪問中の北朝鮮の金正恩党委員長は11日、同市内の観光施設などを視察した。朝鮮中央通信が伝えた。

金正恩氏はシンガポールのバラクリシュナン外相、イェクン教育相らの案内で、世界最大級のカジノを要する総合リゾート「マリーナベイ・サンズ」などを視察した。

同通信によれば、金正恩氏はバラクリシュナン氏らに対し「シンガポールは聞いていた通りきれいで美しく、各建物に特色がある。今後さまざまな分野で貴国の立派な知識と経験に学びたい」と述べたという。

北朝鮮は現在、東海岸の元山(ウォンサン)にカジノホテルを含む大規模リゾートを造成中と伝えられる。(参考記事:【写真公開】金正恩氏が日本の対岸に建設する「未知の巨大施設」