北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は6日、「日本は自国の境遇を知って正しく行動すべき」とする論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

(参考記事:「日本だけイライラしてひねくれている」北朝鮮が言いたい放題

論評は、安倍政権が北朝鮮に対する圧力維持と、日本人拉致問題の解決を「執拗にけん伝している」として、不快感を表明。日本がこのような主張を行うのは、「朝鮮半島を巡る構図から排除された自らの哀れな境遇を覆い隠し、なんとしても『存在感を誇示』」するためだと非難した。

そのうえで、「安倍がホワイトハウスに『いつよりも緊密な協力』を請託するとして東奔西走しているが、手遅れである」「日本がじたばたするからといって、恒久平和と安定を志向する朝鮮半島と地域の情勢の流れが変わるのではない」などと述べ、日本を突き放す姿勢を示して見せた。