北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は6日、「日本は自国の境遇を知って正しく行動すべき」とする論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、安倍政権が北朝鮮に対する圧力維持と、日本人拉致問題の解決を「執拗にけん伝している」として、不快感を表明。日本がこのような主張を行うのは、「朝鮮半島を巡る構図から排除された自らの哀れな境遇を覆い隠し、なんとしても『存在感を誇示』」するためだと非難した。

そのうえで、「安倍がホワイトハウスに『いつよりも緊密な協力』を請託するとして東奔西走しているが、手遅れである」「日本がじたばたするからといって、恒久平和と安定を志向する朝鮮半島と地域の情勢の流れが変わるのではない」などと述べ、日本を突き放す姿勢を示して見せた。

同通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 日本は自国の境遇を知って正しく行動しろ

【平壌6月6日発朝鮮中央通信】日本外相の河野をはじめとする安倍の連中があちこちに顔を出して「北朝鮮に対する国際社会の一致した圧力維持」と「拉致問題」について執ようにけん伝している。

6日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、日本の政客らがこのようなせん越で途方のない行為を続けるのは朝鮮半島周辺構図から排除された自分らの哀れな境遇を覆い隠し、なんとしても「存在感を誇示」して人気を上げてみようとすることだと暴いた。

同紙は、問題は愚かな胸算用をしながらあえてたわごとを吐いている日本の政客らが元も子も失うようになることだと嘲笑(ちょうしょう)し、次のように指摘した。

専門家の間では、環境に全くふさわしくない日本政客らの行動に対し、それは朝鮮との対決を執ように追求してきた日本が朝鮮半島の北南間に対話の雰囲気が醸成され、中国、米国などが朝鮮との対話に積極的に乗り出す情勢の流れから排除されるのではないかという危機感から発したものである、日本の政客らは朝米首脳会談を控えて「日本排除」という現実から逃れようとやっきになっているという評が次々と響き出ている。

安倍がホワイトハウスに「いつよりも緊密な協力」を請託するとして東奔西走するが、手遅れである。

日本がじたばたするからといって恒久平和と安定を志向する朝鮮半島と地域の情勢の流れが変わるのではない。

日本はすでに朝鮮半島問題に介入する資格もメンツも全部失った。

日本にとって子犬扱いを避けられる唯一の選択は、自国の境遇をよく知って正しく行動することである。---

    関連記事