同通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 日本は自国の境遇を知って正しく行動しろ

【平壌6月6日発朝鮮中央通信】日本外相の河野をはじめとする安倍の連中があちこちに顔を出して「北朝鮮に対する国際社会の一致した圧力維持」と「拉致問題」について執ようにけん伝している。

6日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、日本の政客らがこのようなせん越で途方のない行為を続けるのは朝鮮半島周辺構図から排除された自分らの哀れな境遇を覆い隠し、なんとしても「存在感を誇示」して人気を上げてみようとすることだと暴いた。

同紙は、問題は愚かな胸算用をしながらあえてたわごとを吐いている日本の政客らが元も子も失うようになることだと嘲笑(ちょうしょう)し、次のように指摘した。

    関連記事