北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は5日、「核兵器なき世界の建設に積極的に寄与しようとするのは、朝鮮労働党と朝鮮政府の確固不動の立場である」とする論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、先月24日に実行された北部核実験場の廃棄に触れ、「(廃棄の)全過程は、核兵器なき世界を建設しようとする国際的な志向と努力に合流しようとする朝鮮政府の揺るぎない立場の一大示威」であると強調。

続けて「朝鮮半島と世界の平和と安定を守り抜くために今後も、周辺諸国と国際社会との緊密な連携と対話を積極化していこうとする朝鮮政府の努力は引き続き強化される」と述べた。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 北部核実験場の廃棄は核兵器なき世界を建設しようとする朝鮮の立場

【平壌6月5日発朝鮮中央通信】5日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、朝鮮が北部核実験場の廃棄儀式を行った時から一定の時日が経ったが、核実験場の廃棄関連ニュースは今も世界の言論界の主な話題になっていると伝えた。

同紙は、世界の数多くのメディアは、「核実験場の爆破は緊張緩和のために努力しようとする朝鮮の意志を示した」「透明性が徹底的に保障された核実験場の廃棄は朝鮮の平和愛好的な努力を再度はっきりと実証した」と評していると明らかにし、次のように指摘した。

人類共通の念願と志向に合致するように核兵器なき世界の建設に積極的に寄与しようとするのは、朝鮮労働党と朝鮮政府の確固不動の立場である。

わが朝鮮は、核実験の全面中止のための国際的な志向と努力に合流するということを核実験場の廃棄を通じて世界にはっきり示した。

駐朝外交および国際機構の代表らは、今回の北部核実験場の廃棄措置が朝鮮半島の緊張状態を緩和し、対話の雰囲気を作ろうとする朝鮮の党と政府の明白な志向と意志の誇示であったとし、世界的な核軍縮と平和と安全に寄与しようとする朝鮮政府の平和愛好的な立場に歓迎と支持を表した。

北部核実験場廃棄の全過程は、核兵器なき世界を建設しようとする国際的な志向と努力に合流しようとする朝鮮政府の揺るぎない立場の一大示威となる。

朝鮮半島と世界の平和と安定を守り抜くために今後も、周辺諸国と国際社会との緊密な連携と対話を積極化していこうとする朝鮮政府の努力は引き続き強化されるであろう。---

    関連記事