北朝鮮の金正恩党委員長が5月31日、百花院(ペクカウォン)迎賓館でロシアのセルゲイ・ラブロフ外相と会談した。朝鮮中央通信が6月1日、伝えた。【画像】金正恩氏とロシアのラブロフ外相が会談した

同通信によると、ラブロフ氏は李容浩(リ・ヨンホ)外相の招請を受けて訪朝した。

ラブロフ氏は、プーチン大統領が金正恩氏に送った親書を丁重に伝え、金正恩氏はプーチン氏に謝意を表し、感謝のあいさつを伝えた。

会談でラブロフ氏は、北朝鮮が「北南、朝米の関係を立派に主導し、実践的な行動措置を積極的に取ることによって朝鮮半島と地域情勢が安定の局面に入ったことに対して高く評価する。朝米首脳会談と朝鮮半島非核化の実現を目指す朝鮮の決心と立場をロシアは全的に支持し、良好な成果を収めることを願う」と述べた。

金正恩氏は、「朝鮮半島の非核化に対するわれわれの意志には変わりがなく一貫しており、確固たるものだ。朝米関係と朝鮮半島の非核化を新しい時代、新しい情勢の下で新しい方法で各自の利害に合致する解法を探して段階的に解決していき、効率的で建設的な対話と協商で問題の解決が捗ることを希望する」と語った。

金正恩氏とラブロフ氏は、「両国間の外交関係設定70周年に当たる今年に高位級の往来を活性化して各分野での交流と協力を積極化し、特に朝露最高指導者の対面を実現させることで合意した」と同通信は伝えた。

【画像】金正恩氏とロシアのラブロフ外相が会談した

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

金正恩国務委員長がロシア外相に接見

【平壌6月1日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党委員長で朝鮮国務委員会委員長である最高指導者金正恩同志が5月31日、百花院迎賓館で訪朝中のロシアのセルゲイ・V・ラブロフ外相に接見した。

ロシアのイーゴリ・モルグロフ外務次官、アレクサンドル・マツェゴラ駐朝ロシア大使、ロシア外務省対外政策計画局のオレク・スチェパノフ局長、ロシア外務省のオレク・ブルミストロフ巡回大使、ロシア外務省アジア第1局のイーゴリ・サギトフ副局長が陪席した。

金正恩委員長は、外相と対面して温かくあいさつを交わした後、一行と共に記念写真を撮った。

そして、ラブロフ外相と一行の朝鮮訪問を熱烈に歓迎し、友好的な談話をした。

ラブロフ外相は席上、最高指導者金正恩委員長に送ったロシアのウラジーミル・V・プーチン大統領の親書を丁重に伝えた。

金正恩委員長は、温かくて立派な親書を送ってくれたプーチン大統領に謝意を表し、大統領に感謝のあいさつを伝えた。

談話では、最近、世界的な関心事となっている朝鮮半島と地域の情勢の流れと展望に対する朝露最高指導部の意思と見解が交換され、両国の政治・経済協力関係をより拡大し、発展させて緊密に協力していくための問題が論議された。

ラブロフ外相は、朝鮮が北南、朝米の関係を立派に主導し、実践的な行動措置を積極的に取ることによって朝鮮半島と地域情勢が安定の局面に入ったことに対して高く評価すると共に、日程にのぼっている朝米首脳会談と朝鮮半島非核化の実現を目指す朝鮮の決心と立場をロシアは全的に支持し、良好な成果を収めることを願うと言及した。

金正恩委員長は、朝鮮半島の非核化に対するわれわれの意志には変わりがなく一貫しており、確固たるものだと述べ、朝米関係と朝鮮半島の非核化を新しい時代、新しい情勢の下で新しい方法で各自の利害に合致する解法を探して段階的に解決していき、効率的で建設的な対話と協商で問題の解決が捗ることを希望すると語った。

談話ではまた、戦略的で伝統的な朝露関係を今後も双方の利益に合致し、新時代の要求に即して引き続き発展させていくために、両国間の外交関係設定70周年に当たる今年に高位級の往来を活性化して各分野での交流と協力を積極化し、特に朝露最高指導者の対面を実現させることで合意した。

金正恩委員長は、ラブロフ外相と立派な対話を交わしてロシア指導部の立場と意中を確認し、新しい政治的および戦略的相互信頼関係を構築できるようになったことについて大満足した。---

    関連記事