北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は27日、米国のFOXニュース、CBS、CNNを名指しし、「盲目的に権力に追従する汚らわしい売文集団」であると非難する論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、これらの放送局が米政府高官らを出演させ、「彼らの言葉を受け売りにして朝鮮が米国の要求を受け入れれば、『大規模な民間レベルの経済的支援』を受けられるだの、非核化が検証可能で不可逆的な方法で行われるということを見せなければならないだのというせん越な訓示をした」と指摘。

「朝米会談を先に求めたのは、われわれではなく、米国である」としながら、米国からの経済支援についても「いささかの期待もかけたことがない」と言明した。

そのうえで米国メディアに対し、「たわごとを並べ立てる前に、朝鮮の歴史的な党中央委員会4月総会で提示された戦略的路線の意味を深く研究してみなければならない」と注文を付けた。

(参考記事:北朝鮮「核・ICBM実験停止」を決定、核実験場も廃棄…党中央委総会