北朝鮮国営の朝鮮中央通信は26日、日本が朝鮮半島情勢を巡り「のけ者にされる哀れな境遇に瀕している」とする論評を配信した。

(参考記事:北朝鮮、安倍政権を警戒「軍事大国化に狂奔」

論評は、日本の河野太郎外相が「『北朝鮮に対する圧力を最大限強化する』などの妄言をまたもや吐いた」と非難。

朝鮮半島情勢を巡り対話の流れが維持される中、日本は「情勢を対決状態に逆戻りさせることによって、対内的には失敗した民生政策と不正腐敗行為を糾弾する国民の耳目をよそにそらし、対外的には軍国化、海外膨張策動の口実を設けようと」していると決めつけた。

そしてさらに、「今、日本の反動層は無謀な対朝鮮強硬策動で「存在感の誇示」はおろか、至る所で排斥され、のけ者にされる哀れな境遇に瀕している」などと主張した。