さらに、「火線式政治活動と集団的競争運動を力強く展開して建設場の全域が火線宣伝、火線扇動の太鼓の音で騒がしくし、愛国熱、闘争熱、競争熱で沸き返るようにしなければならない」と述べた。

元山葛麻海岸観光地区の建設場を現地指導した金正恩氏(2018年5月26日付労働新聞より)
元山葛麻海岸観光地区の建設場を現地指導した金正恩氏(2018年5月26日付労働新聞より)
元山葛麻海岸観光地区の建設場を現地指導した金正恩氏(2018年5月26日付労働新聞より)
元山葛麻海岸観光地区の建設場を現地指導した金正恩氏(2018年5月26日付労働新聞より)

20180526金正恩元山葛麻現地指導03

そのうえで、「元山葛麻海岸観光地区をこの世にまたとない朝鮮式の海岸都市に立派に築いて、わが人民が最上の文明を最高の水準で享受するようにしようというのが朝鮮労働党の決心である」とした。

同通信によると、金正恩氏は元山葛麻海岸観光地区の建設を2019年の太陽節(金日成主席の生誕記念日である4月15日)まで完工することを指示した。

現地指導には趙甬元(チョ・ヨンウォン)氏が同行した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

    関連記事