北朝鮮国営の朝鮮中央通信は22日、現在の米朝対話の流れが米国による圧力の成果と見ることは「朝鮮半島情勢の発展に少しも役に立たない」とする論評を配信した。

(参考記事:あの話だけはしないで欲しい…金正恩氏、トランプ大統領に懇願か

論評は、現在の情勢は「(金正恩党委員長が)朝米関係の忌まわしい歴史にけりをつけようと戦略的決断を下し、朝鮮を訪問したポンペオ米国務長官に接見し、朝鮮半島と世界の平和と安定のために重大かつ度量の大きい措置を連続して取った」ためだと強調。

続けて「現実はこうであるのに、一部で朝鮮半島情勢の改善を巡って米国の「強硬外交のおかげ」だの、「持続的な圧迫強化の結果」だのと、どうのこうのと言っているのは、朝米対話の雰囲気をひどく曇らせる言動であり、朝鮮半島情勢の発展に少しも役に立たない」と述べた。