北朝鮮の金正恩党委員長は、「海外への情報流出、海外からの情報流入」に神経を尖らせている。体制の存立を危うくすると考えているからだ。何年も前から取り締まりを強化しているが、思想教育に使われる資料から、マンションのパンフレットに至るまで様々な文書が海外に「ダダ漏れ」状態だ。そこで北朝鮮当局は、機密文書が海外に流出した場合にすぐに出処を確認できるよう、新たなソフトウェアを開発した。(丹東=カン・ナレ記者)

電話帳を売って銃殺

中国に派遣されている北朝鮮のある幹部によると、北朝鮮の五徳山(オドクサン)情報社が2013年に開発したソフトは、中央政府がMSワードや「チャンドク」などのワープロソフトで作成した文書のフォントを、メールで送る前に一部変更する機能を持っている。

例を挙げると、平壌から咸鏡南道(ハムギョンナムド)に発送する文書の場合、「ナ」(나)の母音を示す(ㅏ)の縦棒を少し長くしてある。このように地域ごとにフォントを少し変えて、送受信の経路がわかるようになっている。

文書が海外に流出した場合、中央政府だけが知る文字コードと照らし合わせると、出処がどこの道、市、郡なのかがすぐにわかるようになっている。このソフトは、道から市や軍に、また朝鮮人民軍(北朝鮮軍)が地方の部隊に文書を送るときにも使われている。

平安北道(ピョンアンブクト)の情報筋によると、北朝鮮には上質の紙を製造する技術がないため、軍事機密に関する文書であっても、中国から輸入した新聞用紙に印刷する。そのため、まずは紙の質を見ることで、北朝鮮国内から流出したものかどうかがわかる。次に文字コードの対照表を使用し、具体的にどの地方から流出したかを調べるという。

そのため、情報筋は次のようにアドバイスする。

「わが国から流出した文書をメディアなどで使用する際には、文書そのものの写真などを絶対に公開してはならない。どこの誰が流出させたかがわかってしまい、家族もろとも収容所送りになってしまう。実際、そのような人たちがこの数年で大幅に増えている」

つまり、ワープロソフトなどで打ち直した上で、公開しなければならないということだ。北朝鮮が、電話帳を国外に売り払ったという理由で6人を銃殺するような体制の下にあることを忘れてはならない。

(参考記事:変わらぬ北朝鮮、6人銃殺。理由は「電話帳を売ろうとしたから」