北朝鮮では本来、住宅は国から与えられるものであり、売買は禁じられている。しかし実際には、不動産取引が活発に行われている。その直接の証拠となる貴重な資料が公開された。

米国の北朝鮮専門ニュースサイト、NKニュースは、咸鏡北道(ハムギョンブクト)の羅先(ラソン)のマンションのパンフレットを入手し、公開した。

このマンションは、羅津(ラジン)区域の町外れの高台にある安和洞(アナドン)に立てられているもので、パンフレットは、建設を行う企業が国内外の投資を誘致するために、貿易博覧会で配布していたものだ。

20階建てで114世帯、部屋の面積は100、133、144平米の3タイプで、中央に広々とした居間を中心に各寝室が配置された、最近流行している韓国式の間取りだ。

4ページからなるこのパンフレットには、マンションの外観、間取り図、メリットが書かれている。その一部を翻訳した。

最高の品質を保証する20階建てマンションの優れた条件
(建設および施行単位:羅先ホンウォン会社、平壌建築総合大学)

1.天井の高さは2.9メートル
羅先市の一般的なマンションの天井の高さは2.7メートル以下です。

2.居間の広さは3.9×4.2メートル
一般的なマンションの居間の広さは最大でも3.6メートル四方で、47インチ以上のテレビが見づらく、現代式な大型家具や備品を使うのにも不便です。

3.まるでガラスの家のように見える3重大型ガラス、3.7×2.4メートル
部屋の床に座ったままでも海が見られるように、ベランダの枠を0.3メートルにし、(一般的なマンションでは0.9メートル)安全欄干を設置しました。風の音が気にならない3重大型ガラスです。

4.野外食生活(訳注:バーベキューなど)に最適な、長くて広いベランダ 6.7×1.5メートル
羅先市の一般的なマンションでは広くても(奥行が)1.2メートル以下です。

5.想像を超える最高の保温
一般のマンションとは異なり、外壁は保温有孔ブロック(従来型の住宅ではレンガとブロックを使用)と発泡スチロールの断熱材(8センチ)で作られており、床は新型の断熱材で作った一体型です。窓は3重なので、冬にも室内温度20度を保証します。

6.24時間エレベーター稼働

7.主婦が歓声を上げる洗面所
羅先市の一般的なマンションとは異なり、洗面所がベランダとつながっており、いつも明るくスッキリしてします。主婦にとって大切な洗濯、乾燥、消毒が1ヶ所で完全に解決します。

8.最高の構造的安全性を解決
現在、一般的に適用される6バール(マグニチュード)の耐震設計ではなく、7.5バールの地震にも耐えられるような構造計算を摘要しており、強度に優れた異形鉄筋と製品化された総合混合モルタルを使い、構造的安全性を確保しました。

9.理想の完璧な居住環境
リノリュームが敷かれた子どもの遊び場、環境に優しい緑の庭園、屋外駐車場、商店などを備えた、今までは理想に過ぎなかった完璧な居住環境を提供します。

10.都市ガス汚染のない理想的な位置
海抜36.8メートルの理想的な高台にあるため、街の騒音はほとんど聞こえず、南東向きで日当たりや風通しもよく、都市ガスの汚染もほとんどありません。

11.インテリアプランの提供
平壌建築総合大学の最も優秀な新世代の建築家が、インテリアのプランについて、購入者と誠実に討論します。

共同ボイラー 温水暖房
発動発電機 電気供給

1平米あたりの価格
2階と20階 330ドル (約3万7000円)
3〜6階 350ドル (約4万円)
7〜10階 370ドル (約4万2000円)
11〜14階 390ドル (約4万4000円)
15〜18階 410ドル (約4万6000円)

デイリーNKは2005年1月、平安北道(ピョンアンブクト)新義州(シニジュ)市で建設されているマンションの価格を3万ドルと報じたが、この羅先のマンションは最高価格で5万9000ドル(約670万円)となっている。

北朝鮮当局は、予算不足で新たなマンション建設ができなくなったため、トンジュ(金主、新興富裕層)の投資を募り、建築費用を確保する方式が取られている。このマンションも、そのような方式にのっとって建てられるものと思われる。

この建築会社の中国朝鮮族の担当者は、NKニュースの関係者に対し、外国人への賃貸も可能だと答えた。つまり、羅先に長期滞在する中国人への賃貸需要を狙ったものと思われる。

ちなみに、中国の不動産サイト・城市房産によると、羅先に隣接する中国の吉林省朝鮮族自治区の琿春市の新築マンションの1平米あたりの価格は約3800元(約6万3000円)、延吉は約4500元(約7万4000円)、北京市内中心部は約9万元(約149万円)だ。

    関連記事