北朝鮮のジュネーブ国連事務局および国際機構駐在朝鮮常任代表は15日、ジュネーブ軍縮会議第2期会議で行った演説の中で「朝鮮半島非核化意志」を強調すると共に、「国際社会が朝鮮半島の肯定的雰囲気を鼓舞、激励することに積極的な支持を送ることを期待する」と主張した。18日、北朝鮮の朝鮮中央通信が伝えた。

同通信によると代表は「朝鮮(北朝鮮)は朝鮮半島で対決の歴史に終止符を打ち、地域の安全保障と世界の平和守護に積極的に寄与しようとする確固たる意志の下、北南関係を改善して朝鮮半島情勢を劇的に転換するための措置を連続(で)取った」と語った。

さらにその一例として、第23回冬季オリンピック(平昌五輪)を契機に北南関係改善の雰囲気を作ったとし、次いで「4月には北南首脳の対面と会談が行われて『朝鮮半島の平和と繁栄、統一のための板門店宣言』が採択された」出来事を挙げた。

その上で、このような「数か月前までも想像すらできなかった驚くべき出来事」は「朝鮮の平和守護意志、祖国統一のための大勇断がもたらした結実である」と自画自賛した。

一方で同代表は、朝鮮半島の非核化意志を「圧迫・制裁の結果」と見なし、「『最大の圧迫』を緩めない」とする国際社会の視点を取り上げた。続いてこれを「対話の雰囲気に水を差し、情勢を悪化させようとする危険な試み」と断じ、主動的に平和に向けた対話に乗り出したとする従来の北朝鮮の立場を繰り返し強調した。