数カ月前までも、想像すらできなかった驚くべき出来事が相次いで起こり、10年間凍りついていた北南関係がわずか4カ月もならない短期間に劇的に転換されて緊張緩和と信頼構築のための肯定的な雰囲気がつくられている驚異的な現実は、朝鮮の平和守護意志、祖国統一のための大勇断がもたらした結実である。

朝鮮は、朝鮮半島における先鋭な軍事的緊張状態を緩和し、戦争の危険を実質的に解消するために積極的に努力するであろう。

去る4月、朝鮮は核実験と大陸間弾道ロケット試射を中止することを宣言したのに続いて、それを透明性あるものに保証するために5月中に核実験場を廃棄することを発表した。

核実験の中止は、世界的な核軍縮のための重要な過程であり、朝鮮は核実験の全面中止のための国際的な志向と努力に合流するであろう。

最後に代表は、板門店宣言に示されたわれわれの朝鮮半島非核化意志に関連していわゆる制裁・圧迫の結果であるかのように世論を惑わしたり、「最大の圧迫」を緩めないと言っているのはようやくもたらされた対話の雰囲気に水を差し、情勢を悪化させようとする危険な試みとしか他には見られないと強調し、国際社会が朝鮮半島の肯定的雰囲気を鼓舞、激励することに積極的な支持を送るものとの期待を表明した。---

    関連記事