北朝鮮に朝鮮中央通信は9日、論評の中で「朝鮮半島と、ひいては世界の平和と安全のために闘うのは朝鮮労働党と朝鮮政府の一貫した立場である」と主張し、朝鮮半島で北朝鮮が対話に臨む理由を「最大圧迫の結果」に求める米国の視点を非難した。

論評では、全世界が去る4月27日の南北首脳会談や、「板門店宣言」を支持していると紹介しながら、「朝鮮半島の現雰囲気はほとんど全的に金正恩委員長によって成された」という米紙『ワシントン・ポスト』の報道を引用し、金正恩氏を持ち上げた。

さらに、北朝鮮の核廃棄・朝鮮半島の非核化を実現するための米朝首脳会談を念頭におきつつ、こうした動きが「朝鮮労働党と朝鮮政府の意志と努力」によるものと強調した。

その上で、これを北朝鮮による「限界に至った選択」とする米国の立場を「冷戦式思考に染まった連中ならではの詭弁である」とし、こうした言動が「朝鮮半島の情勢を以前の状況に逆戻りさせる危険性がある」と警告した。