これについて国際社会まで、「米国主導の対北制裁とトランプ行政府の対北軍事的行動検討とは関わらずに北が朝鮮半島の危機を打開するために久しい前から準備し、戦略的選択でつくり出したもの」だと認めている。

世界が呼応する北南首脳対面と板門店宣言こそ、われわれの平和守護政策が生んだ貴重な結実である。

にもかかわらず、今、米行政府内では朝鮮半島の現実を巡って「最大圧迫の結果」「限界に至った選択」などの雑言が流れ出ている。

冷戦式思考に染まった連中ならではの詭弁(きべん)である。

このような言動はややもすれば朝鮮半島の情勢を以前の状況に逆戻りさせる危険性がある。

米国は対話の相手に対する礼儀を守り、誠意を示すのが国際社会の要求はもちろん、自己自身の利益にも合致するということを銘記する方がよい。---

    関連記事