朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

朝鮮の平和守護政策がもたらした結実 朝鮮中央通信社論評

【平壌5月9日発朝鮮中央通信】北南両首脳の歴史的な板門店対面と会談、4・27宣言は、今、全世界の嵐のような支持と歓迎を受けている。

南朝鮮の各階層はもちろん、全世界が「金正恩委員長のスケールの大きい決断がつくり出した平和の新しい歴史」「北南関係と朝鮮半島平和の大転換点をもたらした歴史的出来事」などと激賞しており、米紙「ワシントン・ポスト」も「朝鮮半島の現雰囲気はほとんど全的に金正恩委員長によって成された」「金正恩委員長の自信がつくり出した結果」と伝えた。

米大統領までも北南だけでなく、全世界にとってとてもうれしいニュースであると言って拍手を送っている。

これは、今回の北南首脳対面と板門店宣言が朝鮮半島と地域の平和と安全を保証する重大出来事となり、米国の利益にも抵触しないということを示している。

周知のごとく、朝鮮半島と、ひいては世界の平和と安全のために闘うのは朝鮮労働党と朝鮮政府の一貫した立場である。

朝鮮半島から対決の歴史に終止符を打ち、地域の安全保障と世界平和守護に積極的に寄与しようとする朝鮮労働党と朝鮮政府の意志と努力があったので、今年の年頭の北南関係大転換方針提示のような主動的な措置が次々と取られることができた。

    関連記事