北朝鮮の朝鮮中央通信は9日、論評を通じ「外部勢力の支配と干渉を排撃し、祖国統一問題を、民族の志向と要求に即して自主的に解決すべき」と主張した。韓国内の民族感情を刺激し、北朝鮮に有利な世論を醸成する狙いがあると見られる。

論評ではまず、去る4月27日に南北首脳が合意した「板門店宣言」に言及し、これは「分裂と対決を一日も早く終息させ、民族の和解と平和・繁栄の新たな時代を果敢に開いていこうとする北南首脳たちの確固たる意志と共同の努力によってもたらされた貴重な結実である」とした。

同宣言では「南北関係の発展」、「軍事的緊張の緩和」、「非核化および平和体制構築」という目標と、これらを実現するための具体的な措置が述べられている。

論評では続けて、板門店宣言が「制裁・圧迫」や「トランプの支持」、「周辺諸国の支持」などを通じて実現したとする見方を「荒唐無稽」と一蹴し、「われわれの主動的かつ自主的な措置」のおかげであると強調した。

その上で、「いかなる場合にも民族自主の原則から脱線するなら、全民族の意思と要求に即して北南関係を改善していくことはできない」と韓国を圧迫した。