北朝鮮の金正恩党委員長が7日から8日まで中国の大連市を訪問して中国の習近平国家主席と会談した。朝鮮中央通信が8日、伝えた。

金正恩氏は3月にも訪中して習近平氏と首脳会談を行ったばかりで異例の訪中となった。

李洙墉(リ・スヨン)、金英哲(キム・ヨンチョル)、李容浩(リ・ヨンホ)、金与正(キム・ヨジョン)、崔善姫(チェ・ソニ)の各氏をはじめ、党中央委員会、朝鮮国務委員会のメンバーが同行した。

中国側からは、王滬寧氏、王毅氏、宋濤氏と陳求発氏、潭作鈞氏が大連国際空港で、金正恩氏が乗った専用機を出迎えた。

金正恩氏は、専用車で宿所の棒棰島賓館へ向かい、7日午後から習近平氏と会談を行った。

会談では、「朝鮮半島情勢の流れと発展推移に対する評価と見解、自国の政治・経済状況が相互通報され、朝中親善・協力関係をより立派に促すこと」などについて意見交換されたという。

金正恩氏は、「この日々、朝中間の心中の距離はなおさら近くなったし、切り離すことのできない一つにつながった。今後も両国間の親善的な往来を拡大し、絶妙で多様な形式で緊密な連携を維持していくことを願う」と述べた。

習近平氏は、「金正恩同志の今回の訪問は中朝の両党、両国関係を高度に重視し、自身と中国党を信頼し、われわれが成し遂げた合意を実践しようとする真の意志を示したことになる」と述べた。

会談後には習近平氏が盛大な宴会を催した。

金正恩氏は宴会での演説で、「ここ大連は、金日成主席と金正日総書記が朝中親善の年代記に永遠に刻み込まれる歴史の足跡を残した、意義深い所だ。両国の指導者たちの厚い同志的信頼と信義は、朝中両国の人民を永遠に分けられない一つの運命に結合させた血縁的きずなの根となって、世紀と世代をまたいでこんにちも変わることなくつながっている」と述べた。

金正恩氏と習近平氏は8日午前には、海辺を歩きながら談話した。金正恩氏は、習近平氏が棒棰島賓館青島閣で催した昼食会に招待された。

金正恩氏は8日午後、専用機で大連を出発した。空港では、王滬寧氏、宋濤氏らが見送った。金正恩氏は、帰途につきながら習近平氏に感謝書簡を送った。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

金正恩国務委員長が習近平国家主席と再会

【平壌5月8日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党委員長である朝鮮国務委員会の金正恩委員長が7日から8日まで中国の大連市を訪問して中国共産党中央委員会総書記である中国の習近平国家主席と再会した。

両国の最高指導者たちの意味深い対面と会談が中国の遼寧省大連市で行われた。

金正恩委員長が7日午前、専用機に乗って平壌を出発した。

朝鮮労働党中央委員会政治局委員である李洙墉、金英哲の両党副委員長、党中央委員会政治局委員である李容浩外相、党中央委員会政治局委員候補である金與正党第1副部長、外務省の崔善姫次官と党中央委員会、朝鮮国務委員会のメンバーが随行した。

金正恩委員長を迎接するために中国共産党中央委員会政治局常務委員会委員で党中央委員会書記処書記である王滬寧氏、国務委員兼外交部長の王毅氏、中国共産党中央委員会対外連絡部長の宋濤氏と遼寧省党委員会書記の陳求発氏、大連市党委員会書記の潭作鈞氏が空港に出ていた。

現地時間で昼12時、金正恩委員長が乗った専用機が大連国際空港に着陸した。

金正恩委員長は、専用機から降りて迎接に出た中央と地方の幹部とうれしく握手し、情深いあいさつを交わした。

金正恩委員長に女性が花束を差し上げながら歓迎のあいさつを申し上げた。

金正恩委員長は、謝意を表し、専用車に乗って宿所である棒棰島賓館へ向かった。

金正恩委員長が宿所に到着すると、従業員たちが熱狂的な拍手で温かく迎えた。

金正恩委員長と習近平主席間の対面と会談が同日午後に行われた。

習近平主席が大連に来て金正恩委員長を親切に迎えた。

金正恩委員長は、習近平主席と温かくて感激的な対面をし、意義深い記念写真を撮った。

両国の最高指導者たちは、1カ月余ぶりに再会した喜びとうれしさを禁じ得ず、熱いあいさつを交わした。

続いて、金正恩委員長と習近平主席間の会談が行われた。

会談には、朝鮮側から朝鮮労働党中央委員会政治局委員である李洙墉、金英哲の両党副委員長、党中央委員会政治局委員である李容浩外相が参加した。

中国側から中国共産党中央委員会政治局常務委員会委員で党中央委員会書記処書記である王滬寧氏、党中央委員会政治局委員で書記処書記であり、党中央委員会弁公庁主任である丁薛祥氏、党中央委員会政治局委員であり、中央外事事業委員会弁公室主任である楊潔篪氏、国務委員兼外交部長の王毅氏、党中央委員会対外連絡部長の宋濤氏が参加した。

会談では、最近、世界の耳目が集中されている朝鮮半島情勢の流れと発展推移に対する評価と見解、自国の政治・経済状況が相互通報され、朝中親善・協力関係をより立派に促すことと、共通の関心事となる重大な問題の解決方途に対する深みのある意見が交換された。

金正恩委員長は、習近平同志が忙しい政治日程にもかかわらず貴重な時間を割いて遠い大連にまで来て温かく迎え、誠意と至誠の限りを尽くして最上の便宜を提供するように細心に手配してくれたことに感謝の意を表した。

金正恩委員長は、最近、朝中関係が新しい全盛期を迎え、昇華発展していることについて大変うれしく思うと述べた。

特に、両党、両国間の緊密な高位級往来と朝中の最高指導部間の戦略的意思疎通が前例のない水準で行われていることについて高く評価した。

金正恩委員長は、この日々、朝中間の心中の距離はなおさら近くなったし、切り離すことのできない一つにつながったと言い、今後も両国間の親善的な往来を拡大し、絶妙で多様な形式で緊密な連携を維持していくことを願うと述べた。

金正恩委員長は、深刻な変化が起こっている朝鮮半島周辺情勢の推移について分析、評価し、戦略的機会をとらえて朝中間の戦術的協同をより積極的に緻密に強化していくための方途的な問題について述べた。

金正恩委員長は、中国同志たちの揺るぎない支持・声援と同志的協力はわが党と人民に大きな鼓舞になると述べ、感謝を表した。

習近平主席は、金正恩同志の今回の訪問は中朝の両党、両国関係を高度に重視し、自身と中国党を信頼し、われわれが成し遂げた合意を実践しようとする真の意志を示したことになると述べ、これについて高く評価した。

金正恩同志が去る3月に行った初めての中国訪問以来、中朝関係と朝鮮半島の情勢において肯定的な発展が成し遂げられていることについてうれしく思うと述べ、両党、両国間の意思を疎通し、調律するために自ら中国を訪問したことに再度謝意を表した。

習近平主席は、中朝両国は運命共同体、変わらない唇歯(しんし)の関係だと述べ、情勢がいかに流れても中朝関係を強化し、発展させようとするのは両国の党と政府の確固不動の立場であり、唯一に正確な選択であると強調した。

習近平主席は、朝鮮労働党が第7期第3回総会で社会主義経済建設に総力を集中することに関する新たな戦略的路線を打ち出したことについて支持しながら、金正恩同志の指導の下に朝鮮の社会主義建設偉業が必ず勝利するとの確信を表明した。

習近平主席は、中国は親善的な隣邦として朝鮮半島情勢の発展と変化に大きな関心を持ってこの地域の平和と安定のために一貫して努力していると言い、金正恩同志が最近に取った重大な決断と措置を高く評価し、全面的な支持を再闡明(せんめい)した。

会談は、率直かつ信頼的で友好な雰囲気の中で行われた。

金正恩委員長の中国訪問を歓迎して習近平主席が盛大な宴会を催した。

朝鮮労働党中央委員会政治局委員である李洙墉、金英哲の両党副委員長、党中央委員会政治局委員である李容浩外相、党中央委員会政治局委員候補である金與正党第1副部長をはじめとする随行幹部と随行員が宴会に招待された。

中国共産党中央委員会政治局常務委員会委員で党中央委員会書記処書記である王滬寧氏、党中央委員会政治局委員で書記処書記であり、党中央委員会弁公庁主任である丁薛祥氏、党中央委員会政治局委員であり、中央外事事業委員会弁公室主任である楊潔篪氏、国務委員兼外交部長の王毅氏、党中央委員会対外連絡部長の宋濤氏をはじめとする中国の党と政府幹部がこれに参加した。

金正恩委員長と習近平主席が宴会場に姿を現すと、全ての宴会参加者は偉大な朝中親善の新たな局面を開いていく両党、両国の最高指導者たちに最も崇高な敬意を表しながら熱狂的に歓迎した。

宴会ではまず、習近平主席が祝賀演説を行った。

習近平主席は、生気がはつらつで、躍動する気概が羽ばたくこの美しい時にまたもや中国に来た金正恩同志を中国の党と政府と人民を代表して、そして自身の名義で熱烈に歓迎すると述べた。

金正恩同志の今回の訪問は委員長同志と朝鮮党中央が中朝関係、特に両党間の戦略的意思疎通を高度に重視しており、わが双方の重要な共同の合意を履行しようとする堅固な意志を十分に示したと言い、これは全世界に伝統的で、強固な中朝親善を再び誇示したし、中朝関係と朝鮮半島の情勢に重要な影響を必ず及ぼすようになるであろうと強調した。

習近平主席は、朝鮮同志たちと共に双方の重要な合意を引き続きよく履行し、戦略的意思疎通を強化し、交流と協力を拡大し、親善の伝統を輝かしく発揚することによって中朝関係の新しくてさらなる発展を促し、両国と両国の人民に幸福を与え、地域の平和と安定、繁栄に積極的に寄与するであろうと述べた。

習近平主席は続けて、金正恩委員長同志の賢明な指導の下で朝鮮の党と人民が社会主義建設偉業の偉大な道程で必ず新しくてさらなる成果を絶えず収めると確信し、これを願うと述べた。

金正恩委員長が答礼演説を行った。

金正恩委員長は、習近平同志と親しい中国同志たちを40余日目に再会してこのように意義深い席を共にし、旧懐の情を分かち合うようになったことをたいへんうれしく思うと言い、中国党中央の温かくて親切な歓待と真心こもる関心に最も心からなる謝意を表した。

ここ大連は金日成主席と金正日総書記が朝中親善の年代記に永遠に刻み込まれる歴史の足跡を残した意義深い所だと言い、両国の指導者たちの厚い同志的信頼と信義は朝中両国の人民を永遠に分けられない一つの運命に結合させた血縁的きずなの根となって世紀と世代をまたいでこんにちも変わることなくつながっていると述べた。

金正恩委員長は、中国のような偉大な隣邦、中国同志たちのような頼もしくて真実な友人を持っている誇りと自負を再びかみ締めるようになると言い、今後、朝鮮半島と北東アジアの平和と繁栄を成し遂げ、公正で正義の新世界を建設するための歴史的長征で親しい中国同志たちと固く手を取り合って進むであろうと述べた。

金正恩委員長は、中国人民が習近平同志が示した中国の夢を必ず立派に実現して全世界に中華民族の威容と気概をあまねくとどろかすようになることを心から願った。

外交的慣例と格式を超越して朝中両国の人士が同じ家族のように解け合って温かくて真実な情と対面の喜びを分かち合う宴会場には終始、和気あいあいとした雰囲気が溢れた。

金正恩委員長は8日午前、またもや習近平主席に会い、海辺を歩きながら胸襟を開いて談話を交わした。

金正恩委員長は続けて、習近平主席が棒棰島賓館青島閣で催した昼食会に招待された。

昼食会に先立って金正恩委員長と習近平主席は茶文化を見せる技巧を鑑賞し、重要な談話を交わした。

昼食会は両党、両国の最高指導者たちの特別な同志的親交関係をさらに深まるようにした。

金正恩委員長は昼食会が終わった後、習近平主席に中国滞在の期間、誠心誠意を尽くして格別に歓待してくれ、重大な事業に関連する真心こもる高見を聞かせてくれたことに改めて感謝の念を表し、別れの握手を交わした。

同日、一部の随行員は大連東港商務区と中国の華録グループを参観した。

金正恩委員長は8日午後、滞在の日程を終えて専用機で大連を出発した。

金正恩委員長を大連国際空港で中国共産党中央委員会政治局常務委員会委員で、党中央委員会書記処書記である王滬寧氏、中国共産党中央委員会対外連絡部長の宋濤氏と遼寧省党委員会書記の陳求発氏、大連市党委員会書記の潭作鈞氏が歓送した。

金正恩委員長は、帰途につきながら習近平主席に感謝書簡を送った。---

    関連記事