北朝鮮の朝日(ちょうにち)交流協会は26日、北朝鮮と金正恩氏について特集したNHKの番組について「始めから終わりまで虚偽とねつ造で一貫した特大型の詐欺劇である」とするスポークスマン談話を発表した。朝鮮中央通信が伝えた。

(参考記事:「日本は心が狭くみみっちい」北朝鮮メディア

談話は、「4月中旬、日本のNHK放送は驚くなかれ数回にわたって人間の出来損ないのような有象無象をいわゆる『特集番組』なるものに出演させて朝鮮を『犯罪国家』のように悪らつに誹謗したあげく、不作法にもわれわれの最高の尊厳まで甚だしく中傷、冒とくする千秋に許しがたい特大型の犯罪行為を働いた」としている。

これは、複数の脱北者らに取材したNHKスペシャル「シリーズ 金正恩の野望」(4月15日、21日、22日)を指すものと思われる。

談話はまた、同番組について「歴史の新しい気流から押し出されて西山落日の運命に瀕した孤独な島国の政治いびつの断末魔のあがきにすぎない」などと罵倒している。

    関連記事