北朝鮮の朝鮮中央通信は24日、論評を通じ、米国は「人権擁護」の名の下に「自分たちに追従しない国々の内部を瓦解させる」存在であり、「過去も現在も被告席にある」と断じ、北朝鮮に対し人権問題の追及を続ける米国を非難した。

論評では冒頭で、米国が今月20日に発表した2017年版の「人権報告書」に言及。「わが国の『人権問題』にも悪らつに言い掛かりをつけた」と酷評した。

この報告書では政治犯収容所をはじめとする劣悪な環境にある収監施設や、17年2月に異母兄の金正男(キム・ジョンナム)氏をVXガスで殺害したなど、北朝鮮の人権侵害を指摘している。

論評では続けて、米国内で多発する銃犯罪に言及しながら「米国があらゆる不正義と無権利、社会悪がはびこる自国内の残酷な人権実状は棚上げ」にしていると批判すると共に、他国の人権問題をけなすのは「真の人権に対する乱暴なわい曲であり、国際的正義と良心に対する許せない挑戦である」と強弁した。

その上で、自国を「世界で最も優れて尊厳あり、勤労人民の真の生の揺らん(ゆりかご)である」であると自賛し、「わが共和国に言い掛かりをつけるのは、なんとしてもわれわれの前進を阻み、われわれの社会制度を崩壊させようとする不純な企図」だとした。