人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

</>

米国がまるで「人権擁護」に関心があるかのように恩着せがましく振舞い、自分らの誤った人権の尺度で他国の人権状況を取り上げて民主主義が蹂躙され、自由が抑圧されるかのようにけん伝しているが、その本音は自分らに追従しない国々の内部を瓦解させて政治、軍事、経済的侵略と圧力の口実を設けるところにある。

米国が途方もない資料をでっち上げて世界で最も優れて尊厳あり、勤労人民の真の生の揺らんであるわが共和国に言い掛かりをつけるのは、なんとしてもわれわれの前進を阻み、われわれの社会制度を崩壊させようとする不純な企図の発露である。

人権蹂躙の総本山、元凶である米国は、過去も現在も被告席にある。

そのような米国が自ら「人権裁判官」の帽子をかぶって他国の「人権問題」をうんぬんするのは、盗人猛々しい行為として実に笑止千万なことである。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

米国は身の程知らずに「国際人権裁判官」のふりをして他国のことに気を使うのではなく、自国内の劣悪な人権問題に注意を払う方がよかろう。---

    関連記事