北朝鮮の金正恩党委員長は25日、南西部の黄海北道(ファンヘブクト)で22日夜に発生したバスの交通事故で中国人観光客32人が死亡したことを受け、 金永南(キム・ヨンナム)、朴奉珠(パク・ポンジュ)の両氏と共に中国の習近平国家主席、李克強総理、栗戦書委員長に見舞い電を送った。朝鮮中央通信が26日、伝えた。

金正恩氏は23日、事故を受けて平壌の中国大使館を訪れ哀悼の意を表した。また、負傷者を直接見舞うなど、自ら対応することによって中国との関係を重視する姿勢をアピールしていた。

(関連記事:「深甚なる哀悼の意」金正恩氏、バス事故受け中国大使館訪問

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。