北朝鮮の金正恩党委員長は25日、南西部の黄海北道(ファンヘブクト)で22日夜に発生したバスの交通事故で中国人観光客32人が死亡したことを受け、 金永南(キム・ヨンナム)、朴奉珠(パク・ポンジュ)の両氏と共に中国の習近平国家主席、李克強総理、栗戦書委員長に見舞い電を送った。朝鮮中央通信が26日、伝えた。

金正恩氏は23日、事故を受けて平壌の中国大使館を訪れ哀悼の意を表した。また、負傷者を直接見舞うなど、自ら対応することによって中国との関係を重視する姿勢をアピールしていた。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

金正恩党委員長が党・国家の責任幹部と共に中国の党・国家指導者に見舞い電を発送

【平壌4月26日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党委員長で朝鮮国務委員会委員長である最高指導者金正恩同志が、最高人民会議常任委員会の金永南委員長、朴奉珠内閣総理と共に中国共産党中央委員会総書記である習近平国家主席、国務院の李克強総理、全国人民代表大会常務委員会の栗戦書委員長に25日、見舞い電を送った。

見舞い電は、次の通り。

私たちは、4月22日、黄海北道鳳山郡で発生した悲劇的な交通事故によって多くの中国観光客が死亡したことに関連して中国共産党と中華人民共和国政府、全中国人民と被害者遺族に最も深甚なる哀悼とお詫びの意を表する。

わが人民に対する親善の念を抱いて訪ねた親しい中国の友人たちがわが地で不慮の事故に遭うようになったのは実に悲痛なことであり、朝鮮労働党と朝鮮民主主義人民共和国政府、全朝鮮人民はこれについて肉親が受けた被害と見なし、あなたたちと共に深い悲しみに浸っている。

中国同志たちにいかなる言葉と慰めや補償でもいやせない痛みを与えたことに深く贖罪する。

一日も早く悲しみのこの時間が流れ、痛みが少しでも癒えるようにわが党と政府は最善の努力を傾けるであろう。---

    関連記事