北朝鮮の金正恩国務委員長(朝鮮労働党委員長)と韓国の文在寅大統領は27日、午前9時半に軍事境界線がある板門店(パンムンジョム)で初対面し、韓国側施設の「平和の家」で午前と午後の2回にわたり首脳会談を行う。両首脳は合意文に署名した後、これを発表する予定だ。

南北首脳会談準備委員長を務める韓国青瓦台(大統領府)の任鍾ソク(イム・ジョンソク)大統領秘書室長が26日、ソウル郊外のメインプレスセンターで首脳会談当日の詳細を明らかにした。

任氏によると、北朝鮮側の随行員は金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長、金英哲(キム・ヨンチョル)、崔輝(チェ・フィ)、李洙墉(リ・スヨン)の各党副委員長、金正恩氏の妹・金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長、李明秀(リ・ミョンス)朝鮮人民軍総参謀長、朴永植(パク・ヨンシク)人民武力相、李容浩(リ・ヨンホ)外相、李善権(リ・ソングォン)祖国平和統一委員会委員長の9人。

韓国側の随行員は任氏と鄭義溶(チョン・ウィヨン)青瓦台国家安保室長、情報機関・国家情報院の徐薫(ソ・フン)院長、趙明均(チョ・ミョンギュン)統一相、宋永武(ソン・ヨンム)国防相、康京和(カン・ギョンファ)外相、鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)韓国軍合同参謀本部議長の7人。

両首脳は昼食をはさんで午前と午後に会談し、午後の会談後に合意文に署名する。発表は、合意内容により形式と場所が決められる。

午後6時半からは南北の随行員らも出席する歓迎夕食会が「平和の家」3階で行われる。文大統領は夕食会後に金委員長のための歓送行事を開く。