北朝鮮の平壌市江東郡にある中国人民志願軍烈士墓の改修着工式が6日に行われ、都市経営省のチェ・ソンチョル次官と李進軍駐北朝鮮中国大使らが参加した。朝鮮中央通信が伝えた。中国の習近平国家主席は、先月訪中した金正恩党委員長からの要請を受け、近く訪朝する意向を示しており、烈士墓の改修はその準備である可能性がある。

烈士墓は、隣接する平安南道(ピョンアンナムド)檜倉(フェチャン)郡にかけて造成された中国人民志願軍烈士陵園と合わせ、中朝親善を象徴する施設。毛沢東元中国国家主席の長男・毛岸英氏をはじめ、朝鮮戦争で戦死した中国人将兵らが安置されている。

朝鮮戦争の休戦50周年となった2013年7月27日には、金正恩第1書記(当時)が同陵園を直接訪れて献花し、2015年7月にも花輪を贈呈していた。しかし、その後は中朝関係の冷え込みを反映し、そうした動きは伝えられていない。

同通信によれば、李大使は今回の着工式で、「伝統的な中朝親善を強化し、発展させるうえで重要な意義を持つ烈士墓の改修工事が共同の努力によって最上の水準で完工することを願う」と発言。

またチェ次官は、「中国人民志願軍烈士墓の改修工事を期日内に終えて烈士たちの偉勲が朝中両国の軍隊と人民の心の中に末永く刻まれるようにすることに寄与できるようにすると強調した」という。

このように「最上の水準で完工」「期日内に終えて」などの内容が強調されていることからも、金正恩氏と習近平氏が烈士墓を訪問する予定であることがうかがい取れる。