北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は3日、韓国海軍艦艇の沈没を北朝鮮の仕業と見る韓国政府の姿勢が、南北対話の妨げになるとする論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。
韓国海軍の哨戒艦「天安」が2010年3月26日に沈没した事件は、北朝鮮による魚雷攻撃によるものであることが確実視されている。

韓国はこの日を「西海守護の日」として定め、毎年、犠牲者を悼む式典を行っている。
論評は、「『西海守護の日記念式』というものが李明博・朴槿恵保守一味が北南関係を完全に破壊するためにつくり上げた反朝鮮対決劇であるということは周知の事実だ」として、事件への関与を否定。

また、式典での韓国政府高官の発言などを問題視し、「表では対話と関係の改善をうんぬんし、裏では対話の相手を中傷するこのような二重的な行為が持続するなら、北南関係の順調な発展を期待することができないであろう」として、南北対話を人質にして韓国に揺さぶりをかけている。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 南朝鮮当局は分別のある行動を取るべきだ

【平壌4月3日発朝鮮中央通信】先日、南朝鮮の「国立大田顕忠院」で「天安」号沈没事件から8年になることを契機に、高位当局者らと与野党の関係者、南朝鮮占領米帝侵略軍司令官の参加の下に「西海守護の日記念式」という対決茶番劇が演じられた。

ここで南朝鮮の「国務総理」はいわゆる「記念の辞」なるものを述べながら、西海が「絶え間ない脅威の前に置かれている」だの、「たったひと咫(あた)の海も明け渡すことができない」だのと青筋を立てた。

3日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、「西海守護の日記念式」劇は明白に北南関係改善の雰囲気に水を差し、朝鮮半島の平和の流れに逆行する許せない対決行為だと糾弾した。

同紙は、「西海守護の日記念式」というものが李明博・朴槿恵保守一味が北南関係を完全に破壊するためにつくり上げた反朝鮮対決劇であるということは周知の事実だとし、次のように強調した。

にもかかわらず、積弊清算を唱える現南朝鮮当局が李明博逆徒の執権時期につくり上げられ、朴槿恵逆賊一味によっていっそう悪らつに粉飾された反朝鮮謀略事件を取り上げて相づちを打ったのは、実にぶざまだと言わざるを得ない。

特に、南朝鮮当局者らが内外の一様な要求通りに民族の和解と団結の雰囲気を醸成するために努める代わりに、反朝鮮茶番劇を主管し、保守一味とぐるになって対決妄言を並べ立てたことに驚愕と憤怒を禁じ得ない。

表では対話と関係の改善をうんぬんし、裏では対話の相手を中傷するこのような二重的な行為が持続するなら、北南関係の順調な発展を期待することができないであろう。

南朝鮮当局は、今のように重大な時期に軽々しく振る舞っていれば、ひどい目にあうということを銘記して分別のある行動を取るべきである。---

    関連記事