にもかかわらず、積弊清算を唱える現南朝鮮当局が李明博逆徒の執権時期につくり上げられ、朴槿恵逆賊一味によっていっそう悪らつに粉飾された反朝鮮謀略事件を取り上げて相づちを打ったのは、実にぶざまだと言わざるを得ない。

特に、南朝鮮当局者らが内外の一様な要求通りに民族の和解と団結の雰囲気を醸成するために努める代わりに、反朝鮮茶番劇を主管し、保守一味とぐるになって対決妄言を並べ立てたことに驚愕と憤怒を禁じ得ない。

表では対話と関係の改善をうんぬんし、裏では対話の相手を中傷するこのような二重的な行為が持続するなら、北南関係の順調な発展を期待することができないであろう。

南朝鮮当局は、今のように重大な時期に軽々しく振る舞っていれば、ひどい目にあうということを銘記して分別のある行動を取るべきである。---

    関連記事