北朝鮮当局にスパイ容疑で逮捕され、教化所(刑務所)に収監されていた北朝鮮在住の華僑男性が獄死した。家族は、当局から一方的に遺体を返され、「病気で死んだ」と伝えられただけで、死亡の経緯などは何も知らされずにいる。

一般的に、主に自国民に向いていると考えられている北朝鮮の人権侵害は、実は外国人である華僑にとっても深刻な脅威となっている。

(参考記事:「性拷問を受けた」との証言も…北朝鮮は外国人に何をしているのか

現地のデイリーNK内部情報筋によると、死亡したのは中朝国境に程近い平安北道(ピョンアンブクト)塩州(ヨムジュ)に住んでいた華僑男性だ。1990年代から北朝鮮と中国を行き来して商売をしていたが、北朝鮮の国内情報が外信に報道されることが増えたことを問題視していた当局は、華僑が情報を漏らしているものと見て追及を始めた。男性は逃亡した模様だが、ついに逮捕、収監された。

当局は2015年12月ごろ、100人以上の華僑を逮捕したが、男性はこの中のひとりだった。中国大使館は強く抗議したが、結局はその多くが教化所に収監されてしまった。

(関連記事:北朝鮮当局、華僑を大量逮捕…中朝関係悪化の新たな火種か

男性が送られたのは、黄海北道(ファンヘブクト)沙里院(サリウォン)にある6号教化所だ。2011年の時点で3000人から4000人が収監され、農作業や靴、衣服などの製造にあたらされているが、多くの幹部や外国人がいることで知られている。

平壌の出版社で勤務していたベネズエラの著名な詩人、アリ・ラメダさんとフランス人の同僚ジャック・セディヨ氏は、体制批判を行った容疑で逮捕され、この教化所に1967年から1975年まで収監されていた。ラメダさんの証言で、北朝鮮の教化所における人権侵害の実態が全世界に知られるようになった。

教化所をはじめとする北朝鮮の拘禁施設では、劣悪な栄養、衛生状況に加え、暴行、暴言、拷問、性暴力、強制妊娠中絶、恣意的な処刑など、ありとあらゆる形態の人権侵害が行われている。

(参考記事:刑務所の幹部に強姦され、中絶手術を受けさせられた北朝鮮女性の証言

男性の家族は、刑期がいつ終わるかすら知らされないままだったが、悲しい再会となってしまった。当局は「病気で死んだ」と一方的に告げただけで、本当の死因は分かっていない。しかし、家族は抗議すらできないのだ。

「男性の妻は北朝鮮国籍の一般市民。外国人である華僑だったら当局に抗議できたかもしれないが、一般人にはできないことだ。事件のことを他人に喋れば危害が加えられかねないので、家族は黙っている」(情報筋)

このような状況に耐えかねて、中国に移住する華僑が増えている。かつては数万人いた北朝鮮在住の華僑だが、丹東市政府関係者によると昨年夏の時点で5400人まで減っている。「対中貿易の3分の1を担う華僑」(英フィナンシャル・タイムズ)を追い出してしまうことも、人権侵害を放置することも、北朝鮮にとって決してメリットにはならない。

(参考記事:北朝鮮からの脱出を夢見る現地在住の華僑たち

高英起(コウ・ヨンギ)

>>連載「高英起の無慈悲な編集長日誌」一覧

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記