カナダは過去5年間に、北朝鮮出身の難民申請者165人を国外追放したと米政府系のボイス・オブ・アメリカ(VOA)が報じた。

カナダ国境サービス庁(CBSA)は、VOAの取材に対して、国外追放処分を下した北朝鮮出身の難民申請者の数は、2013年に17人、2014年に71人、2015年に44人、2016年に24人、2017年に9人の合計165人で、いずれもすでにカナダから出国していると明らかにした。また、95人の北朝鮮出身の難民申請者が、国外追放と関連した審査を受けているとも明らかにした。

一方、アルジャジーラは19日、脱北者の活動家の話として、カナダが追放した脱北者は2000人にのぼると報じたが、これについてCBSAは「引用した数値の出処がわからない」と否定している。

カナダは2012年12月に、安全が保証された国の国民が難民申請をできないようにする制度を導入し、2013年5月末から韓国をその対象とした。これにより、脱北して韓国に定着した後に、カナダに難民申請をした人々が受け入れの対象外となった。

そして、韓国国籍を取得したことを隠して難民申請をしたことが判明し、国外追放される人が相次ぐようになったのだが、この措置は新たな人権侵害を生んでいる。