北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は21日、トランプ米政権が公表した「核態勢の見直し(NPR)」を非難する署名入りの論説を配信した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

米国が今月2日に公表した核戦略の指針となるNPRは、核巡航ミサイルなど新兵器開発を打ち出し、通常兵器による攻撃にも核で報復する可能性を記した。

論説は、「米国は核をもって他の国と民族を圧迫し、世界を支配しようとする企図を再度露骨にさらけ出した」と指摘した。

また、米国に対して「史上初めて核兵器をつくり出して地球上に核軍備競争をもたらし、核戦争の脅威を生じさせた張本人だ」「各種の核殺人装備を山ほど積み上げて世界を核戦争の勃発へ追い込む最悪の核犯罪国家である」と非難した。

さらに、「米国が地球上に存在する限り、人類に加えられる核威嚇は引き続き増大し、核優勢に基づいた強権と戦争策動はさらに甚だしくなるであろう」と述べた。

その上で、「米帝がわが国家に向かって核の牙を荒っぽくむき出すほど、われわれは自分が選択した道が正しいということをいっそう確信し、経済建設と核戦力建設の並進路線貫徹に邁進するであろう」と主張した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 米国は惑星を脅かす核犯罪国家

【平壌2月21日発朝鮮中央通信】先日、米国が2018核戦略態勢の見直し(NPR)なるものを発表した。

NPRは、各種の核殺人装備をより増やして近代化し、任意の瞬間に他国に核先制攻撃を加えるための好戦的論理と侵略計画でいっぱいである。

21日付の「労働新聞」は署名入りの論説で、これによって米国は核をもって他の国と民族を圧迫し、世界を支配しようとする企図を再度露骨にさらけ出したと暴いた。

同紙は、米国が史上初めて核兵器をつくり出して地球上に核軍備競争をもたらし、核戦争の脅威を生じさせた張本人だということについて資料を挙げて暴き、次のように指摘した。

米国こそ、各種の核殺人装備を山ほど積み上げて世界を核戦争の勃発(ぼっぱつ)へ追い込む最悪の核犯罪国家である。

米国が地球上に存在する限り、人類に加えられる核威嚇は引き続き増大し、核優勢に基づいた強権と戦争策動はさらに甚だしくなるであろう。

わが国の核保有、核戦力強化は米国の増大する核威嚇・恐喝に対処した正々堂々たる自衛的措置である。われわれの核戦力強化に朝鮮半島と世界の平和と安全がある。

米帝がわが国家に向かって核の牙を荒っぽくむき出すほど、われわれは自分が選択した道が正しいということをいっそう確信し、経済建設と核戦力建設の並進路線貫徹に邁進(まいしん)するであろう。---

    関連記事