北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は20日、トランプ米政権を非難する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

米国のペンス副大統領は、複数の米国メディアに「北朝鮮が望むのならば、我々は対話する」「米国は北朝鮮と対話を行う用意があるが、北朝鮮の核放棄が条件になる」としながらも、「核・ミサイルの脅威に対処する現実的な軍事オプションを持っている」と主張した。

論評は、米政権の主張に対して「朝鮮が自分らの非核化協商に応じなければ軍事的攻撃を加えるという露骨な脅迫である」と非難した。