丹東駅前で列車を待つ平壌高麗館の女性従業員たち(画像:デイリーNK北朝鮮情報筋)
丹東駅前で列車を待つ平壌高麗館の女性従業員たち(画像:デイリーNK北朝鮮情報筋)

中国の北朝鮮レストラン(通称北レス)で働いていた女性従業員が集団で北朝鮮に帰国する姿が捉えられた。

デイリーNKの対北朝鮮情報筋は、中国遼寧省の丹東駅で今月9日、かつて市内の平壌高麗館で働いていた女性従業員が集団で帰国する姿を目撃し、その様子をカメラに収めた。

「(北レスの)平壌高麗館が閉鎖に追い込まれ、帰国する従業員もいれば、他のレストランで働く者もいたが、旧正月(16日)を前に30人が帰国した。親きょうだいが待つ故郷に帰るというのに、彼女らの表情は嬉しそうな感じではなかった。カネ儲けのチャンスがなくなったからだろう」(情報筋)

平壌高麗館は地上5階建て、床面積8000平米の世界最大規模の北レスとして、中朝国境を流れる鴨緑江に面した一等地に2012年2月オープンした。丹東市の経済担当者、高麗館の経営陣、美人従業員50人など合計100人余りが参加した大々的なオープニングセレモニーが行われ、その様子は中国メディアにも報じられた。

(関連記事:丹東に平壌高麗館がオープン

平壌高麗館には、地元民、中国人観光客はもちろん、北朝鮮を自分の目で見たいという韓国人観光客が詰めかけ、大盛況となった。周囲は「北レスの隣が北レス」と言うほどの密集地帯となっていた。

そんな平壌高麗館の行く先に暗雲が立ち込めたのは、2016年2月のことだ。韓国の朴槿恵政権(当時)は、北レスの収入が核開発やミサイル開発に使われる可能性があるとして、自国民に利用自粛を呼びかけた。これにより北レスには閑古鳥が鳴くようになってしまった。

(関連記事:朴槿恵氏が「北朝鮮ウェイトレス」を危険視している

核・ミサイル開発を続ける北朝鮮に対して、国際社会は制裁を強化していった。そして昨年9月、国連安全保障理事会は、北朝鮮企業との合弁事業を禁じる内容を含む制裁決議2375号を採択した。それを受けて中国商務省は、国内の北朝鮮系の合弁企業などに対して今年1月9日までの閉鎖を命じた。

しかし、その期限まで持ちこたえられなかった平壌高麗館は、昨年11月にひっそりと店を閉めた。その直後にレストランを訪れた中国・新浪網の記者に対して女性従業員のひとりは、「店は修理中だ、ここは再オープンしない、柳京食堂の向かいにわれわれの支店があり、従業員は全員そこで働いている」と答えた。

そのレストランも昨年末に閉店したと伝えられている。かつて100店舗もあった中国国内の北レス店舗網は、中国人オーナーが経営する一部を除いて、その多くが姿を消したもようだ。

(参考記事:北朝鮮レストランの「美女軍団」…大多数がタダ働き

女性従業員に行き先を聞くと「平壌です」との答えが返ってきた(画像:デイリーNK北朝鮮情報筋)
女性従業員に行き先を聞くと「平壌です」との答えが返ってきた(画像:デイリーNK北朝鮮情報筋)
楽器を持って丹東駅に向かう女性従業員(画像:デイリーNK北朝鮮情報筋)
楽器を持って丹東駅に向かう女性従業員(画像:デイリーNK北朝鮮情報筋)