北朝鮮の金正恩党委員長は12日、平昌冬季五輪に合わせ韓国を訪問した妹の金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党第1副部長ら高位級代表団と面会。韓国側の受け入れ姿勢に満足と謝意を示すとともに、今後の南北関係の改善を指示した。

昨日の本欄でも指摘したとおり、今回は金正恩氏にとっても「賭け」だった。金与正氏を、祖父・金日成主席から始まる「白頭の血統」の一員として初めて韓国に送り込み、文在寅大統領に訪朝を促すメッセージを伝えたのだ。これで断られたら、「次」はないのだ。

(参考記事:金正恩氏の「妹だのみ」に透ける、ある深刻な裏事情

文在寅政権が金与正氏らを歓待したことに、金正恩氏は心からホッとしたのではないか。

しかし、金正恩氏の勝負はこれからである。今後、北朝鮮と米国の間で、韓国を巡る綱引きが始まるのは明らかだ。米国は文在寅政権に対し、核・ミサイル問題での毅然たる態度を求め、北朝鮮から非核化の意思表示がない以上、平昌冬季五輪のために延期した米韓合同軍事演習を即時実施することを主張するはずだ。

演習が行われたら、金正恩氏は立つ瀬がなくなるかもしれない。グッとこらえて文氏を平壌に迎える手もあるが、そうなったら韓国側に特大の手土産――たとえば開城工業団地の即時再開のような――を期待せざるを得なくなるが、国連安全保障理事会の対北制裁決議が全面的に効力を持っている間は難しい。

しかし何といっても、決め手は韓国世論だ。民主主義国家は、世論を無視しては動くことはできない。

そして韓国では、文在寅政権発足後初めてとなる統一地方選挙(6月13日投開票)が控えている。地方選ではあっても、南北関係が重要なテーマとなるのは間違いない。ここで与党・共に民主党が勝てば文氏は大手を振って北朝鮮に行くだろうし、負ければ大胆な決断を下せなくなるかもしれない。

こういう場合、北朝鮮は色々な方法で韓国世論に対する心理戦を行ってきたものだが、それは一様に、軍事挑発などで揺さぶりをかけ、不安心理に陥らせるというものだった。

しかし今回は、そんなことをしたら逆効果だ。特に問題なのは、もともと統一や南北関係に無関心な韓国の若者たちだ。今の北朝鮮がどう頑張ってみても、彼らを引き付けられるとは思えない。

反対に、対北世論が悪化するネタならばいくらでもある。最たるものが、金正恩体制による国民への人権侵害である。韓流ドラマを見たというだけで女子大生を拷問するような国に、どれだけの人が好感を持てるだろうか。

(参考記事:北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは…

平昌五輪の開会式に参加するため訪韓したペンス米副大統領は、現地で脱北者らと面会し、北朝鮮の人権侵害の酷さを強調した。今後、韓国の態度を巡る北朝鮮との綱引きの中で、米国がこうした「人権攻勢」を強める可能性は高い。

果たして、それが韓国世論にどう作用するか。権力にたてつく人々を徹底的に抑圧し、民主主義など経験したこともない金正恩氏は、生まれて初めて世論に「不気味さ」を感じているのではないだろうか。

(参考記事:抗議する労働者を戦車で轢殺…北朝鮮「黄海製鉄所の虐殺」

高英起(コウ・ヨンギ)

>>連載「高英起の無慈悲な編集長日誌」一覧

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記