北朝鮮の金正恩党委員長が、南北関係改善の意思を示す親書を韓国の文在寅大統領に伝達し、訪朝を要請した。韓国青瓦台(大統領府)の金宜謙報道官が10日、記者会見で発表した。

親書はこの日、青瓦台を訪れた金正恩氏の妹・金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党第1副部長が文氏に手渡した。金与正氏はまた、金正恩氏の意思として「文大統領と早期に会う用意がある」と表明。「都合の良い時期の訪朝を要請する」と述べた。

これに対し、文大統領は「今後、環境を整えて実現していく」と応じた。

今回、北朝鮮の高位級代表団の一員として訪韓した金与正氏は、金正恩氏の特使として派遣されたという。

親書で金正恩氏は「朝鮮民主主義人民共和国国務委員長」の肩書きを使った。

文氏は同代表団と面会した後、昼食会を開いた。その席上、文氏は「南北関係の発展のためにも米朝間の早期の対話が必ず必要だ」として、「米国との対話に積極的に乗り出すことを望む」と述べた。

双方は朝鮮半島の平和と和解の雰囲気を維持し、南北対話と交流・協力を活性化することで一致したという。