北朝鮮の朝鮮中央通信は6日に配信した論評で、米国が南北関係改善を破綻させようとしてると非難した。

米国は、韓国で開かれる平昌(ピョンチャン)冬季五輪・パラリンピック中は延期するとしていた米韓合同軍事演習を大会後に再開する意向を示している。同通信は4日にも、米国が南北関係改善の流れを阻もうしていると非難した。

(関連記事:北朝鮮メディア「米国の侵略と干渉策動を粉砕すべき」

米国の動きに対して論評は、南北関係改善の雰囲気と発展を遮断しようとする「不純な軍事的妄動」とし、「朝鮮半島の緊張を緩和し、平和的環境を作るためのわれわれの誠意ある努力に対する正面切っての挑戦だと言わざるを得ない」と反発した。