北朝鮮の朝鮮中央通信は4日に配信した論評で、南北対話が進む中、米国が「民族の和解と団結の流れ」を阻もうと策動していると非難した。

論評は、米国が先月、核・ミサイル開発を巡って北朝鮮への独自の制裁対象を追加したことや、韓国で開かれる平昌(ピョンチャン)冬季五輪・パラリンピック中は延期するとしていた米韓合同軍事演習を大会後に再開する意向を示していることなどに言及し、「われわれの主動的措置と積極的役割によってもたらされた北南関係改善の雰囲気にあわてふためいてそれを曇らせようとよりいっそう狂奔している」と指摘した。