北朝鮮の朝鮮中央通信は6日に配信した論評で、米国が南北関係改善を破綻させようとしてると非難した。

米国は、韓国で開かれる平昌(ピョンチャン)冬季五輪・パラリンピック中は延期するとしていた米韓合同軍事演習を大会後に再開する意向を示している。同通信は4日にも、米国が南北関係改善の流れを阻もうしていると非難した。

米国の動きに対して論評は、南北関係改善の雰囲気と発展を遮断しようとする「不純な軍事的妄動」とし、「朝鮮半島の緊張を緩和し、平和的環境を作るためのわれわれの誠意ある努力に対する正面切っての挑戦だと言わざるを得ない」と反発した。

また、「歴史的に見ても、かつて朝鮮半島にようやく醸成された情勢緩和の局面が米国の北侵戦争演習騒動のため破たんしたことが一再にとどまらなかった」と指摘した。

さらに、南北関係改善を早めに破たんさせるところに、「オリンピックの開幕前から合同軍事演習の再開を世論化している米国の凶悪な下心がある」と非難した。

つづけて、米国は「朝鮮半島の平和の破壊者、情勢激化の主犯、統一の根本障害物であることを再びはっきりと示している」と指摘した。

その上で、米韓が合同軍事演習を再開したら「朝鮮半島情勢はまたもや重大な破局状態へ逆戻りするしかなく、その全責任は挑発者らが負うことになるであろう」と警告した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「オリンピック以降」に落とされた米国の黒い影 朝鮮中央通信社論評

【平壌2月6日発朝鮮中央通信】冬季オリンピックが始まる前からオリンピック以降の朝鮮半島情勢に対する内外の憂慮が高まっている。

特に、米国が冬季オリンピックが終わる即時、南朝鮮と合同軍事演習を再開するとけん伝していることでその憂慮は増幅している。

最近だけでも、米国防総省報道官、米統合参謀本部局長、南朝鮮駐在米臨時代理大使などのトランプの連中が連日、メディアに出て「韓米連合軍事訓練はオリンピック期間と重ならないように日程を調整しただけ」で、「オリンピックが終われば訓練は即時始まる」とけん伝した。

これは、せっかくもたらされた北南関係改善の雰囲気とその発展的推移を遮断してみようとする不純な軍事的妄動として、朝鮮半島の緊張を緩和し、平和的環境を作るためのわれわれの誠意ある努力に対する正面切っての挑戦だと言わざるを得ない。

米国が冬季オリンピック以降に合同軍事演習を延期したのは決して、誰それに善心を施したことではない。

それは、南朝鮮の各階層と国際社会の強力な要求に耐えられなくて取った措置として、それ自体が米国・南朝鮮合同軍事演習が朝鮮半島と地域の平和と安全を害する重大な犯罪だという明白な証拠となる。

歴史的に見ても、かつて朝鮮半島にようやく醸成された情勢緩和の局面が米国の北侵戦争演習騒動のため破たんしたことが一再にとどまらなかった。

これに対してある外信は、「もし韓米が平昌冬季オリンピックが終わった後、大規模な合同軍事演習を行うなら疑う余地もなくまたもや朝鮮を刺激するのはもちろん、肯定的な兆しを見せている朝韓関係に水を差すことになるであろう」と確言したことがある。

北南関係改善の雰囲気がこれ以上高まる前に早めに破たんさせようとするところに、オリンピックの開幕前から合同軍事演習の再開を世論化している米国の凶悪な下心がある。

現実は、米国こそ、朝鮮半島の平和の破壊者、情勢激化の主犯、統一の根本障害物であることを再びはっきりと示している。

問題は、南朝鮮の軍部好戦狂らが米国の戦争演習騒動に相づちを打って大勢の流れに逆行していることである。

今後、米国と南朝鮮が大規模合同軍事演習を再開するなら、朝鮮半島情勢はまたもや重大な破局状態へ逆戻りするしかなく、その全責任は挑発者らが負うことになるであろう。

米国と南朝鮮の軍部好戦狂は、自分らの核戦争演習騒動がもたらす結果を直視し、熟考すべきである。---

    関連記事