北朝鮮国営の朝鮮中央通信は3日、日本の安倍晋三首相が施政方針演説で「北朝鮮の核・ミサイル計画を放棄させる」と表明したことに対し、「愚かな妄想」だと非難する論評を配信した。

論評は、「世界が公認するように、わが共和国は国家核戦力完成の歴史的大業成就とともに、各種の核運搬手段と超強力熱核武器まで保有した新しい戦略国家に急浮上した」と主張。

続けて「われわれの強大無比の国力と戦略的地位が変わりうると思うなら、それこそ誤算である」と述べ、日本政府に対北朝鮮政策の変更を迫った。