論評全文は次のとおり。

愚かな妄想を捨てるべきだ 朝鮮中央通信社論評

【平壌2月3日発朝鮮中央通信】最近、日本の反動層がわれわれの核放棄について大げさにけん伝している。

首相の安倍は施政方針演説で、北朝鮮の核・ミサイル開発が前例なく重大かつ差し迫った脅威であると言い掛かりをつけて北朝鮮が核・ミサイル計画を放棄するようにつくると得意になって振る舞った。

外相の河野も北朝鮮に対する圧迫が続かなければならない、緊張状態を一時的でも緩和させてみるとして北朝鮮の核兵器保有を容認する対話は絶対に行わないと力説した。

新年に入って、日本列島で「北の核脅威」のほらが引き続き吐かれる中、高位層が「完全かつ検証可能で、不可逆的な方法で核を放棄するようにつくる」と言いふらすのはせん越でけちくさい行為だと言わざるを得ない。

    関連記事