北朝鮮の内閣機関紙・民主朝鮮は18日、署名入りの論評で米韓合同軍事演習を完全に中止すべきだと主張した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

アメリカと韓国は、毎年3月頃に定例の米韓合同軍事演習「キー・リゾルブ」「フォール・イーグル」を行ってきたが、トランプ米大統領と韓国の文在寅大統領は来月9日から始まる平昌(ピョンチャン)五輪とパラリンピック期間中に、演習を行わないことで合意した。

(関連記事:米韓首脳、平昌五輪中の合同軍事演習延期で合意

論評は、米国が演習を延期しようとするのは「朝鮮半島の情勢緩和に関心があるからではなく、情勢を故意に激化させてきた責任から逃れようとするくだらない術策にすぎない」と指摘した。