韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と米国のトランプ大統領は4日、電話会談を行い、2月9日から始まる平昌(ピョンチャン)五輪とパラリンピック期間中に、米韓合同軍事演習を行わないことで合意した。

韓国・青瓦台(大統領府)の尹永燦(ユン・ヨンチャン)国民疎通首席秘書官が伝えた。米国のホワイトハウスも同様の内容を発表した。

青瓦台によると、文氏とトランプ氏は4日、午後10時から約30分間の電話会談を行った。文氏はトランプ氏に「北韓(北朝鮮)がこれ以上挑発を行わない場合、平昌五輪期間中に、韓米合同軍事演習を延期するという意思を示せば、平昌五輪が平和の五輪となり、興行的に成功することに大きく役立つだろう」と述べた。

これに対してトランプ氏は「文大統領が私の代わりに、そのようにおっしゃってもいいようだ。五輪期間中に軍事演習はないものだとおっしゃってもいいだろう」と答えた。