人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

また、演習を行えば「反米感情をより爆発させ、さらなる国際的非難と糾弾を浴びることになるのを恐れてやむを得ず訓練延期の発表劇を演じざるを得なかったのである」と述べた。

さらに、「わが共和国を軍事的方法で圧殺しようとする米国の野望は、決して変わっていない」と強調した。

その上で、「米国主導の南朝鮮との無謀な合同軍事演習騒動は、朝鮮半島に核惨禍をもたらす侵略戦争挑発の前奏曲である」とし、「危険極まりない戦争演習騒動は延期ではなく、完全に中止されるべきである」と主張した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

    関連記事