米FOXニュースは15日、米国務省が北朝鮮訪問を希望する国民に対し、事前に遺言状を作成して遺産の処分や葬儀の計画を立てて置くよう勧告したと報じた。

国務省のウェブサイトを見ると、確かに「北朝鮮―(旅行)危険度4:旅行禁止」とする10日付の勧告文が掲載されている(画像)。

勧告分は冒頭で、「米国籍者に対する逮捕や長期間拘束などの深刻なリスクがあるため、北朝鮮を旅行してはいけない」と警告。また、敢えて北朝鮮に旅行するにせよ「ごく限られた場合において、国務省の別途の許可手続きを通過してこそ訪問できる」と説明している。

国務省は昨年9月1日付で、自国民に対し北朝鮮を旅行禁止とする措置を取った。同年7月には、北朝鮮で長期拘束されていた米国人大学生のオットー・ワームビアさんが昏睡状態で解放され、数日後に米国の病院で死亡するという悲劇があった。

(参考記事:「性拷問を受けた」との証言も…北朝鮮は外国人に何をしているのか

このことは国務省が渡航禁止を実現する追い風となったが、これとは別に、米議会には以前から米国人の北朝鮮渡航を禁止する法案が提出されていた。

勧告分はさらに、米国政府は北朝鮮と外交関係を結んでいないため、在北朝鮮のスウェーデン大使館に非常時対応を任せているが、「北朝鮮政府は拘束された米国市民に対するスウェーデン人の接近を遅延させたり拒否したりすることが多い」と強調。そのうえで国務省の許可を受けて北朝鮮を訪問する人に対し、次のようなアドバイスを行っている。

〇遺言状を作成しなければいけない。そして適切な保険受恵者を指定して委任状を作成するか、代理人弁護士を指定して置く

〇子どもとペットの養育、不動産、所蔵品、美術品やコレクションのような流動資産の処分、葬式計画などを愛する人々(家族や親戚、友人)と立てて置く

誤解を恐れずに言っておくならば、とくに日本人や中国人にとっては、北朝鮮は世間で思われているよりは普通に旅行することの出来る国だ。

(参考記事:実は近くて普通に行ける、北朝鮮旅行

ただ、ワームビア氏の出来事があった以上、米国政府が神経質になるのもじゅうぶんに理解できる。

(参考記事:英政府「北朝鮮で手術をするな」と勧告…身の毛もよだつその理由とは

高英起(コウ・ヨンギ)

>>連載「高英起の無慈悲な編集長日誌」一覧

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記