英国外務省は、自国民に「北朝鮮での手術は避けるように」と勧告した。

英国外務省は29日、「北朝鮮の医療施設と医師のリスト」という4ページの資料を公開。北朝鮮の医療施設は劣悪で、衛生水準は基準以下だとしている。病院には麻酔薬がない場合がしばしばあるため、北朝鮮での手術はできる限り避けることや、即時帰国するように勧告している。

【関連記事】
仮病の腹痛を麻酔なしで切開手術
北朝鮮の住民は、伝染病になすすべがない

実際、麻酔なしで手術を受けたことのある脱北者は、「メスを入れたお腹から伝わってくる痛みがどれだけひどいか。全身がぶるぶると震え、自分の血の匂いに吐き気がした」などと、その壮絶な体験について語っている。

英国外務省はまた、歯科医療に関しても同様の勧告をしている。

どうしても北朝鮮で入院せざるを得ない場合には、平壌市内の外国人専用の親善病院を利用するように勧めている。

ただし、北朝鮮では、建前上無料で治療を受けられることになっているが、この親善病院を利用する外国人には費用が請求される。

北朝鮮の国営病院には医薬品がなく、治療を受けるには医師や看護師へのワイロを要するため、医薬品が揃っていて親切丁寧な個人診療所を訪れる場合が多い。

【関連記事】
仮病の腹痛を麻酔なしで切開手術
北朝鮮の住民は、伝染病になすすべがない

    関連記事