北朝鮮の平壌で21日から開かれていた朝鮮労働党第5回細胞委員長大会が23日に閉幕し、金正恩党委員長が演説と閉幕の辞を行った。朝鮮中央通信が24日付で伝えた。

(参考記事:金正恩氏の演説「党細胞を忠誠の細胞、党政策貫徹の前衛隊伍に強化しよう」

金正恩氏は閉会の辞で、今大会では党の構想と意図の実現に向け、「党細胞を強化するための課題と方途を明白に提示した」と指摘した。

それに先立ち行われた討論では、「党細胞の機能と役割を強めるための活動で現れた欠陥と偏向が批判され、(中略)党細胞委員長の役割を強めるための実際の対策が述べられた」という。

同通信の一連の報道全文は次のとおり。

金正恩党委員長が第5回党細胞委員長大会で閉会の辞を述べる

【平壌12月24日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党委員長である金正恩同志が、全国の全ての党員と人民の格別な関心と期待の中で12月21日から23日まで行われた朝鮮労働党第5回細胞委員長大会を指導し、閉会の辞を述べた。