北朝鮮で朝鮮労働党第5回細胞委員長大会の第2日会議が、22日に行われた。朝鮮中央通信が23日、伝えた。

1日目の会議に続き、金正恩党委員長が幹部席に登壇した。また、金正恩氏の実妹である金与正(キム・ヨジョン)氏や党中央委員会政務局メンバー、中央と道の党責任活動家が登壇した。

【画像】第5回党細胞委員長大会の第2日会議

「党細胞」とは、労働党の最下部にある末端、基層組職である。2日目の大会では、党細胞活動における偏向と欠陥が具体的に討論されるなど異例の内容となった。

各討論者は、「党細胞を強化して全ての党員を真の金日成・金正日主義者に準備させるのに優先的な力を入れ、党組織・思想生活の指導を綿密に行って社会主義強国の建設で先鋒的役割を果たしていくように導いてきた」と語った。

また、党細胞委員長が「党の基層組織の強化において収めた成果と経験、細胞の活動で現れた欠陥と原因を分析、総括する討論」を行った。

偏向と欠陥について「一部の党細胞が金日成主席と金正日総書記の遺訓貫徹へ党員と勤労者を正しく組織、動員しなかった問題」「一部の党細胞委員長が敗北主義、形式主義、要領主義、保身主義をはじめ、誤った思想観点と遊び人風の活動スタイルから脱せずにいる問題」「党細胞委員長の隊列を立派に固めず、党細胞委員長に力添えして教えてやるための活動を綿密に行わなかった問題」などが批判された。

【画像】第5回党細胞委員長大会の第2日会議

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

第5回党細胞委員長大会の第2日会議

【平壌12月23日発朝鮮中央通信】朝鮮労働党第5回細胞委員長大会の第2日会議が、22日に行われた。

朝鮮労働党委員長である金正恩同志とともに党中央委員会政務局メンバーが、朝鮮労働党第5回細胞委員長大会の第2日会議を指導するために幹部席に登壇した。

また、中央と道の党責任活動家もともに登壇した。

朝鮮労働党委員長同志の指導の下、大会は続けられた。

第1日会議を通じて、今大会が革命発展の新しい要求に即してわが党の戦闘的威力を全面的に固めていくうえで持つ重要性をより深く刻み付けた大会の参加者は、細胞委員長の役割を強めて全ての党細胞を忠誠の細胞、党政策貫徹の前衛隊伍にしっかり打ち固めていくうえで提起される対策的問題について真摯(しんし)に討議した。

第2日会議では、各級単位の党細胞委員長が党の基層組織の強化において収めた成果と経験、細胞の活動で現れた欠陥と原因を分析、総括する討論が続いた。

各討論者は、朝鮮労働党第4回細胞書記大会以降、党中央の意図を体して党細胞を領袖決死擁護精神で満装填(そうてん)された忠誠の細胞、わが党と最後まで生死運命を共にする真の前衛組織に固めていくうえで収めた成果と経験について述べた。

また、党細胞を強化して全ての党員を真の金日成・金正日主義者に準備させるのに優先的な力を入れ、党組織・思想生活の指導を綿密に行って社会主義強国の建設で先鋒的役割を果たしていくように導いてきたことについて語った。

討論を聴きながら大会の参加者は、党細胞委員長の率先垂範が威力ある政治活動であることと、細胞活動を人々の心との活動に転換させることに関するわが党の大衆工作方法の正当性と生命力を再び刻み付けた。

大会では、一部の単位で党細胞活動が時代と革命発展の要求に追いついていない偏向と欠点が分析され、克服方途が討議された。

討論では、一部の党細胞が金日成主席と金正日総書記の遺訓貫徹へ党員と勤労者を正しく組織、動員しなかった問題、一部の党細胞委員長が敗北主義、形式主義、要領主義、保身主義をはじめ、誤った思想観点と遊び人風の活動スタイルから脱せずにいる問題、党細胞委員長の隊列を立派に固めず、党細胞委員長に力添えして教えてやるための活動を綿密に行わなかった問題が批判された。

大会では、全ての党細胞委員長が党政策の貫徹で自身が担った使命と任務を深く自覚し、思想観点と活動気風、活動スタイルにおいて新たな転換をもたらすための対策的問題が討議された。

大会は、続く。---

    関連記事